ハジメマシテ、自分はリクルトスツーと申します。
Pixivで「けいおん!」というか「けいおん!!3年2組」のイラストを投稿しております。見知り置いていただけましたら是幸いです。

今回記します記事は、自分におけるけいおん二次創作の23作目、「ロミオ対ジュリエット」についてです。
(画像はPixivの自ページへアンカーされています)
13503466

この作品は昨年の12月下旬に、木枯らし吹きすさぶチャリでの退勤中に思いつきました。

「うおおお、さっぶー。世間は冬休みだよー、冬休みは映画の一本でも見たいなー。そういや冬休み映画つったら「怪獣大激突!」みたいなヤツ、最近とんと見ねーなー…。」

と、寒空の下、幼かった頃の記憶がチャリ漕いでる時に走馬灯のように蘇り、怪獣特撮・夢のバトルロワイヤル!みたいなイラスト描きたいなー、と構想だけは練っておりました。

1月の初頭にいつものように、けいおん二期18話と19話を見なおしていたところに、ふと3年2組の学園祭演目のタイトルを見て思いつきました。

「ロミオとジュリエット…。怪獣の名前っぽくね?」

と…。

Illustratorでゴシック系のロゴに斜体かけたらそれっぽくなったので、冬休み怪獣映画みたいなノリで、ロミオとジュリエットに投票された12人のあの子たちを描きました。

それまで挑戦したことのない人数のイラストで、こいつはいつものような休日にイッキ描きイッキ仕上げが出来そうになかったので、どうせそれまで挑戦したことのないイラストならそれまでやったことのない分割制作にしようと、暇な時に作業、中断、作業、と気分がノらなければ放置し、作品が思いついた時のテンションを長期間維持できるかの修行も兼ねて挑みました。

3月20日の晩からノリノリになっちゃって、早くアップロードするぜーっと、最後の方はいつもどおりの駆け足気味の投稿になっちゃったんですけどね、ツメの甘さが随所にうかがえます。
(姫子のバットの文字とか。もうちょい調べりゃよかった。)

長期間のテンション維持という試みでは非常に自分の役に立った作品です。
「気分がノらなければ」という感情による判断よりも「何月何日までにはここまでを描く」というマイルストーン積み立て型の制作のほうが自分向きだということに気づけた点も大きかったです。

次に長期間的な作品作るときは、またちょっと手法変えてみます。


とりあえず目下、上手になることを目指して頑張ります。
最終目標は、青春時代を終えた自分が一目見て若返ってしまうような、そんな青春の楽しさを表現すること。
頑張ります。

----

あと、結局冬休みは映画の一本も見ませんでした。
DVD含め映画、見る時間欲しいなー…。