第4巻…魔法少女と租税法
見滝原で「税金」の話をしよう-暁美ほむらの租税法講義-
お取り扱い業者様一覧(店舗&WEB通販)
COMIC ZIN様
とらのあな様
まんだらけ様
メロンブックス様

お取り扱い業者様一覧(店舗のみのお取り扱い)
大須マニアックス様

サイズ…B5判 / 本文…30ページ / 2012年8月10日・初版発行
インキュベーターと人類、その歴史は我々の想像よりも深く、そして長い。インキュベーターは言う「僕たちはね、有史以前から君たちの文明に干渉してきた」と…。
ずいぶん長いこと、ここ地球という惑星でご商売を続けてきた様子のインキュベーターさん。人類の進化の歴史もその都度見てきたそうで。ほら穴住まいから建設住宅へ、集落から国家へ、そんな人類の進化の歴史の影にはいつもインキュベーターの影響があったとか。
うん? 商売? 国家? …インキュベーターの感情エネルギー生産事業って、ちゃんと最寄りの税務署に利益を申告して税金払ってるの?? そんな話聞いたこともないぞ??!
魔法少女救済計画、次なるステージは租税法。どうして支払わなければならないのか、そもそも税金って何なのか、そんな税金のなぜなにを魔法少女たちを通じて学んでみよう。
魔法少女から生産される感情エネルギー、その驚きの価格に、その、驚け!!

●立ち読み
本書の記事を少しお試しで読めます。
d01
img1
d02
img2
d02
img3
d03
img4
d05
img5


>全発行物一括表示
>第1巻…これからの「契約」の話をしよう
>第2巻…ミタキハラ白熱教室
>第3巻…見滝原で「労働」の話をしよう
>第4巻…見滝原で「税金」の話をしよう
>商業誌…アニメキャラが行列を作る法律相談所
>外部リンク